年報『平和と防衛』

 

年報『平和と防衛』

  日本防衛学会猪木正道賞基金では、基金の年間活動(猪木正道研究会、猪木正道賞発表・授賞式、通常総会等)の記録をまとめた、年報『平和と防衛』を刊行しています。
 本誌は会員と寄付を頂いた方に頒布しております。
 なお、一般の方で年報(バックナンバーを含む)を希望される方は、申込みフォーム、または、事務局あてのメールでお申し込みください。

  

   年報『平和と防衛』第8号 2022年(令和4年)
=====================================================
〈巻頭言〉 ウクライナ危機に想う         五百旗頭 眞
               (NPO法人猪木正道賞基金理事長)
--------------------------------------------------------------------------------------------
〈第3回猪木正道記念・安全保障研究会〉
       第I部 第5回猪木正道賞(正賞)受賞報告
 第二次世界大戦の終結と朝鮮分断         小此木 政夫
                   (慶應義塾大学名誉教授)

          第II部 安全保障研究会
 1. 自衛隊の国際平和協力の30 年 ―現場で感じた任務の実態と課題―
                         番匠 幸一郎
           (元陸上自衛隊第1 次イラク復興支援群長)

 2. 〔特別企画〕米国は何故アフガニスタンから軍隊を撤収させたのか
   報告:アフガニスタンから米軍を撤収させたバイデン政権の想定とは
                         渡部  恒雄
                  (笹川平和財団上席研究員)

   討論:米中対立への影響と日本の安全保障を考える
                         孫崎   享
           (元外務省国際情報局長、元駐イラン大使)

      司会                 宮岡   勲
                  (慶応義塾大学法学部教授)
--------------------------------------------------------------------------------------------
〈特別寄稿〉
 経済安全保障を考える ―経済相互依存と戦争―
                         村山  裕三
                   (同志社大学大学院教授)
--------------------------------------------------------------------------------------------
〈論 文〉
 東チベットの「中国化」と中印国境問題
  ―戦略的要地四川省カンゼチベット族自治州康定市定点観測を踏まえて―
                         松本  高明
                  (神田外語大学非常勤講師)

--------------------------------------------------------------------------------------------
〈第7回猪木正道賞発表・授賞式〉
 1. 賞選考委員長による講評
                         戸部  良一
                    (防衛大学校名誉教授)
 2. 受賞の言葉
            正 賞: 千々和 泰明
            奨励賞: 諸橋 英一、真田 尚剛
            特別賞: 川名 晋史
--------------------------------------------------------------------------------------------
〈資料〉
 猪木正道防衛大学校長講演〔昭和48 年〕
  政治思想について―保守主義、自由主義、民主主義、共産主義
--------------------------------------------------------------------------------------------
〈基金だより〉
 猪木正道賞基金(第7 回)通常社員総会/猪木正道賞受賞者名簿/他